皮膚の状態をみておく

エステ脱毛より脱毛効果があってスピーディに発揮できる医療脱毛は敷居が高く見えてきます。
個々のクリニックに行ってみれば予約から施術の流れを説明されて、予約をしてクリニックに来店しカウンセリングを受けます。
そしてこれはレーザー脱毛の仕組み、使用するレーザー脱毛器の説明を受けます。
脱毛部位、どういう脱毛をしたいのかといったことも相談できます。
次に施術日予約ですが、クリニックによってはカウンセリングと同日施術ができます。ですが自己処理で皮膚に赤みがあれば当日できないことがあります。
レーザー脱毛は毛根部をターゲットにして当日表皮のムダ毛処理をしておくことに成りますが、毛抜きで引き抜けばレーザー効果がなくなり、カミソリをつかって処理をします。
部位によって脱毛専用の衣類に着替えて皮膚のじょうたいをチェックして脱毛死体部位にレーザー照射をします。
部位によっては施術前保護ジェルなど塗布したりします。処置時間は個人差もありますが、両脇下が3〜5分、ビキニラインは5〜10分など予定します。
熱による痛みがあって、痛いときは出力調整して勧められ、レーザー脱毛なら輪ゴムではじいたぐらいの痛みですが。
どうしても我慢できなければ麻酔を依頼することができます。そしてレーザー照射後肌に熱が困って照射部位をクーリングします。
炎症を抑える薬を塗布して終わり、そのときアフターカウンセリングで肌の状況を調べケアの説明と次回予約をします。

皮膚の状態をみておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です